アフィリエイトやドロップシッピング、SEOの実践テクニック、他のサイトにはない情報が満載

ホーム / ネットビジネス

更新:16/05/08 | ネットビジネス | NetBusiness

インターネットで収入を得る方法いろいろ

インターネットを介して収入を得る方法には幾つかのカテゴリーに分類されます。
それぞれのメリット・デメリットをまとめておきましょう。
自分の現状にあった方法から着手するのが成功への近道となります。
最終的には手段を広げていくという横の広がりと、それぞれの手法を掘り下げていくという縦の広がりを研究する必要があります。

アフィリエイト

最も簡単に見栄えのあるサイトを構築できるのがアフィリエイトでしょう。
これは、既にある製品の広告塔としてのサイトを運営して、売り上げの数%〜50%ほどを収入として得るというモデルです。
楽天市場がダントツでおすすめです。但し、ポイントはたまりますが現金には換金できません
他にBIDDERSなどもありますが、楽天市場と比較すると全然集客力が低いです。但し、現金へ換金できるのはメリットです。
また、アフィリエイト専用サイトとしてはA8ネットバリューコマースなどが有名どころです。
どちらも多くの広告主から自分のサイトにあった広告を選択できるので非常に便利ですが、利用方法に少し癖があるので今後個別に利用活用方法についてレポートしていきたいと思います。
共通して言えることは、扱う商品によってかなり収入は異なります。安直に両立の良い商品を扱うのではなく、ユーザー層を検討して最適な商品を吟味するフェーズに時間を掛けるべきだと思います。

サービス名 報酬支払い方法
(手数料)
[最低金額]
概要
楽天アフィリエイト ポイント 会員になれば、誰でもアフィリエイト用のリンクを作成できます。
アイテムの品揃えが豊富なので、利用しやすいのが特徴。
BIDDERS 現金
(500円)
[501円]
会員になれば、誰でもアフィリエイト用のリンクを作成できます。
知名度もそれほど高くないのですが、料率は悪くありません。
しかし、利用者数が楽天などに比べて圧倒的に少ないため報酬ボリュームは小さいです。
A8ネット 現金 料率が非常に高いのですが、キャンセル率も高いという噂も……。楽天と商品がかぶっているものもあります。
月間の売上が、100万円〜300万円ほどに達しているアフィリエイターもいるようです。ここまで来ると年収1000万円を超えるので凄いことになりますね……。
バリューコマース 現金 料率も高めでアイテムも豊富ですが、提携申し込みをしてから1ヶ月も待たされるという何ともお粗末なサポート体制は難有りですね。早めに登録して、その間にサイトの構築などをすると良いと思います。
GoogleAdSense
小切手
[$100]
貼り付けておくだけで、貼り付けたページに関連した広告を自動的に表示してくれるためクリック率の高いバナーになりますが、JavaScript不可設定のブラウザでは表示されないでメリットがあります。
支払いもドル小切手なので扱いが面倒です。
電脳卸 現金
(500円)
[3,000円]
老舗の部類に入ります。
報酬率が高く、支払いの敷居が3,000円と低いのも人気の理由の一つです。
FC2アフィリエイト 現金
[$100]
報酬率は高いのですが、選択できるバナーが非常に少ないため難易度は高めです。
アダルト系のバナーが多いため、アダルト系のサイトを運営している場合などには良いかもしれません。

 

メリット
・対象製品はいろいろあるので、バラエティに富んだサイトを自由に構成できる。
・既にあるブログなどアフィリエイター向けのサービスも充実している。

デメリット
・同じ製品を複数のサイトで紹介している場合、差別化に苦労する。
・ほとんどの場合数%しか収入がないので、かなりの集客性がないと割に合わない。

ドロップシッピング

ドロップシッピングは、アフィリエイトと同じく在庫を持たずに消費者に商品を紹介して利益を得る仕組みの一つです。
アフィリエイトと大きく異なるのは「自分で販売価格を決められる」=「自分で利益を決められる」点にあります。
今までは、デザインや集客力でアフィリエイトの勝敗が左右されていましたが、ドロップシッピングになると、更に価格という点で競争力を調節することが出来るようになるのです。

メール受信によるポイント

広告メールを受け取ることで、ポイントを広告メールを受け取ることで、ポイントを貯めて現金に換金するタイプのサービスです。地道に各メールに対応していけば少しずつではありますが、確実にポイントを溜めることが出来ます。 しかし、一般的に作業に対する対価として考えると割に合わず、折角ネットビジネスを検討しているにもかかわらず、単なるクリック作業員と成り下がっているに過ぎません。これではビジネスとしては少し将来性に欠けます。 ただ、他の人に紹介することによってバックマージンを得られるサービスもあるため、やり方次第では自分がクリック要因になる必要が無くなるかも知れません。

メリット
・作業した分だけ確実にポイントが貯まる。

デメリット
・作業が面倒な割に、ポイントが低いことが多くビジネスとしてみた場合には割に合わない。

バナー広告収入

昔からある収入形態です。
サイトにバナーを張るだけで完了! とお手軽ですが、奥が深いのです。

メリット
・バナーを張るだけなので簡単
・専用サービスに加入すれば、自動的にバナーもチェンジされるなど効率よく収入を得られる。

デメリット
・サイトの外観が損なわれる可能性がある。
・やはり収入が数%〜数円/クリックと低い。
・大量のバナーを張るわけにはいかないので、選定やサイトの集客に苦慮する。

シェアウェア販売

ソフトウェアを作れる人であれば、チャンスは常にあります。
フリーソフトでも優秀なソフトは存在しますが、差別化次第では対価を得られるソフトを開発できるかもしれません。

メリット
・単位売り上げあたりの収入がダントツに高い。
・Vectorなど専用サービスが充実している。
・アップデートなどを理由に定期訪問を促すことが出来る。

デメリット
・ソフトウェアを開発する労力が必要。
・アップグレードなどがないと収入は尻つぼみになる。

ASPサービス

ソフトウェアを超えてインターネットにより密着した収入源となり得るのがサービス系のモデルです。

メリット
・一度サービスが確立されると、末永く収入源になる。

デメリット
・ASPの開発労力が必要。
・他のサービスとの差別化に苦慮する。
・サービスに対する対価は低くなる傾向があるので、単価が下がる可能性がある。

SEO対策の重要性

どんなモデルを採用するにしても、宣伝広告は必ず必要になります。
どのモデルでもサービスや製品をユーザーに知ってもらえなければ、対価を得ることは出来ないからです。
そして、インターネットでビジネスをするからにはサイトでの宣伝が主な広告方法となります。
ユーザーの多くはGoogleやYahoo!などの検索エンジンで自分が欲している情報を検索したり、関連するサイトのリンクをたどって広告サイトに訪れることになります。そして、この訪問率を高めるための手法をSEO対策と呼んでいます。

当該サイトのポイントは、Googleツールバーをインストールすると確認することが出来ます。

SEO対策については検索すれば山のように同じ様なサイトが引っかかりますが、その内容も似通ったものばかりです。
その内容を念のためまとめておきましょう。

  1. H1などの段落タグを使う
  2. タイトルにキーワードを盛り込む
  3. 多くのサイトにリンクを張ってもらう
  4. 画像のALT属性を活用する
  5. リンク時の名前にもキーワードを盛り込む
  6. 同じサイト内のページ同士、密にリンクし合う
  7. ドメインなどにもキーワードを盛り込む
  8. メタタグにキーワードを埋め込む
  9. フレームを使わない

こんな所でしょうか。

フレームの功罪

フレームを使っていたサイトで、フレームを外しただけで(全てのコンテンツを一つのHTMLファイルに納める)、2〜3倍のアクセス数に跳ね上がったという報告が幾つもあるようです。
これは、フレームの親亀に張られたリンクを辿ってきたロボット型検索エンジンが、子亀フレームのコンテンツにまでたどり着かずに期待通りデータベース化やランキングを行ってくれないという現象です。
この現象を回避する一番の方法は前述の通りフレームを外してしまうということですが、よんごと無き理由によりフレームをどうしても使わなければならない場合などは、<noscript></noscript>タグでサイトマップなどを挿入することで、この中のリンク部分を認識してもらうという方法で若干の会費が出来るようです。
この方法で、どれだけ問題を回避できるかは良く分かっていません。

いずれにしても、どれもある程度の努力で何とかなりますが、あまり絶大な効果はないかもしれません。
そこで他のサイトにはない手法をご紹介していきます。

ポイントの高いサイトを利用する

各サイトにはポイントが付けられています。0〜10くらいでしょうか。
主にGoogleによって付けられるポイントがそのサイトの重要性として認知されています。
そして、ポイントの高いサイトからリンクしてもらうと自分のサイトもポイントアップするという特徴があります。
そこで、次のようなポイントの高いサイトに意図的に情報を登録することで、その情報ないからのリンクを使ってポイントアップとユーザーの誘導を行うことが出来るようになります。ポイントは、決して主題に力を入れる必要はないということです。

Yahoo!Auction

Yahoo!Auctionは未だに海賊版や違法コピーが平気で売られているような無法地帯です。
そのため、多少出品物と関係ない紹介文やリンクがあっても当然注意もされません。
同じ様なサイトで、BIDDERSや楽天などはこのあたりが厳しいので注意しましょう。
また、出品に10円かかる点もデメリットと言えます。
更に、各出品ページのポイントはそれほどまでには高くないようですのでユーザーの誘導という点でのみ有効と考えた方が良いかもしれません。私も基本的にYahoo!Auction経由で効果的な広告が出来たと実感したことはありませんし、能動的に広告したことも実はありません。

Vector

本命はこのVectorです。
Vectorは元々フリーソフトやシェアウェアを公開するためのサイトですが、非常にポイントが高いサイトのためソフトを公開したサイトはかなり上位に表示されます。基本的にはトップに表示されます。
すなわち、このトップに表示されるソフト紹介ページで広告を行い、リンクを張れば効果覿面というわけです。
基本的に紹介ページにリンクを作成できないという致命的なデメリットがあるのですが、広告を見て訪問してくれるユーザー数は格段に向上します。ソフトウェアでなくてもテキスト情報や動画、ムービー、その他なんでも登録してもらえるので是非積極的に利用したいものです。

例:披露宴 ASP などとしてGoogleで検索してみてください。
「WEBで簡単盛り上がる!披露宴二次会ASP」 というソフト(?)がトップに表示されると思います。
アップロードして程なくGoogle検索のトップに表示されるようになりました。
内容はというと、ソフトではなくサービスの広告Flashとなっております。
別に、ソフトウェアでなくてもVectorを活用できることを実践している例と言えます。

geocities(フリーホームページスペース)

ジオシティーズは現在Yahoo!が主催するフリーのホームページスペースです。
ジオシティーズ自体のポイントが高いため、その配下にある各ページのポイントも自ずと高くなります。
そのため、支障のない範囲でgeociriesのスペースを有効利用することはSEO対策にとって大変有利となります。
次のような支障となるポイントには注意してください。

考えられる支障

広告の有効性

広告には大別して、バナー広告と、テキストリンクがあります。
所が、得てして目立たないテキストリンクの方がクリック率が高いという調査結果が出ています。
これは、ギラギラした広告は自然と目に入らないように避けているとも言えます。
そこで、なるべくテキストリンクを多く採用すると効果的なようです。

アフィリエイトサイト徹底活用法

それでは、具体的に幾つかのアフィリエイトサイトの活用法をご紹介していきます。

バリューコマース

まずは、多機能で料率もまずまずのバリューコマースからです。
なんと言っても参加している広告主が多彩で、用意されているバナーも豊富な点がポイントです。
また、自動的にクリック率の高いバナーを表示してくれる自動調整機能も利用できます。

まずは加入

バリューコマースのサイトからアフィリエイター登録を行います。

ボタンをクリックします。
必要事項を入力して、幾つかのページを経由していけば完了です。
このとき、URLを入力する必要がありますが、審査の対象となるのでそれなりに完成しているサイトを指定しましょう。

審査待ち

個々で一端審査待ちの状態となります。
審査には何日かかかります。

広告提携

審査が終了して晴れてアフィリエイターとなったら、今度は掲載する広告を選びます。
バリューコマースのサイトにログインすると幾つかのメニューを選択できるようになります。

ここで、オファーリストをクリックすると広告主一覧が表示されます。
定額報酬と、定率報酬に大別されますが定額報酬とは1件いくらという報酬、定率報酬は売れたしょうひんの何%という報酬の決定方法になります。分かりやすいのは定額報酬ですが、商品の種類が多い方が商機が多くなるのでそんな広告主を選ぶ場合には、定率報酬のものを選んだ方が高効率となります。
どの商品にするか、ターゲットが決まったら ボタンをクリックします。
をクリックすると申し込みは完了です。

審査待ち再び!

ここで注意しなくてはいけないポイントは、審査待ちです。
なんだまた審査待ちか! という声が聞こえてきそうですが、それどころか、この審査待ち大変長引くのです。
1ヶ月くらい優に掛かったりするので、心して待ちましょう。
審査が終了する前に広告を掲載してしまうと、正しく動作しないので注意しましょう。


承認待ちプロモーションに反映されたまま、ひたすら待たされます。

承認されたら、いよいよ広告作成です

承認されると、「承認されたプロモーション」 に移動されます。
この辺りから判りづらいインターフェイスになっていますので、初めは良く分からないと思います。
広告作成は、メニューから「広告スペース管理」をクリックします。

下段には、現在作成済みの広告スペースが表示されます。
この広告スペースとは広告を管理するための単位になっています。
広告スペースを作って初めて自分のサイトに広告を掲載できる状態になります。
をクリックしましょう。

広告スペース名:自分でスペースを見分けやすい名前をつけます。
広告スペースのサイズ:バナーのサイズや、テキストなど大まかに種類を選択します。
iOptimize:自動的にクリック率の高いバナーに差し替えてくれるサービスです。バナーを選択した場合には、有効にしておいた方が良いと思います。ただ、クリック率が本当に全てのサイトで共通して語れるものかというと何とも言えないところもあります。

これでやっと、広告用のHTMLが表示されて完了となります。
決して承認前のオファー広告を掲載するのはやめましょう! リンク先はバリューコマースのトップページなどになるためクリックしたユーザーの心象を悪くすること請け合いです……。

関連リンク

ネットビジネスに不可欠なネットバンクの活用

アフィリエイトの実績

実践ネットアフィリエイト収入編

確定申告関連

  1. 年間20万円を境に税金について考える
  2. 確定申告の手順と申告方法
  3. 個人事業主の申請をする

 

 
コメント・フィードバック
ダウンロード
ストリーミング関連
Macintosh関連
Windows関連
メディアなど
 
ハードウェア
ソフトウェア/サービス/開発SDK
デジタル一眼レフカメラ
趣味関連
ゲーム 〜楽しいゲームの紹介や攻略法
RoverMNI(ローバーミニ) 
雑記
その他
Copyright (c)1998-2016 CNXGROUP All Rights Reserved.
このページの全部あるいは一部を無断で利用(コピー)することを禁じます。
>