無料の自作フリーソフト、シェアウェア公開エリア

ホーム / Download

更新:11/10/05 | フリーソフト ダウンロード | Download

自作ソフト(フリーソフト、シェアウェア)の公開、サポートを行っています。 Vectorのページでも一部ソフトウェアを入手可能ですが、本サイトではソースコードの公開なども行っております。

※ ソースコードのダウンロードに必要なパスワードは、無料入手できるようになっています。
※ VisualBasic6.0で作成されたソフトウェアは、一部の環境と条件下では文字化けする可能性があります。下記ををインストールして、最新のモジュールにアップデートしてみてください。 文字化け解消に関わるモジュールインストーラー ZIPファイルの解凍方法が判らないという方は、下記のページをご覧ください。 ZIPファイルの解凍方法について

フリーソフトウェア

AmongSync

複数ファイル間をシンクロするツールです。複数ファイルの中で一番新しいファイルに統一されます。Shurikenの振り分けルール共有用に作成しました。使用方法はReadme.txtをご覧ください。 AmongSync をダウンロード

Back to top

BootSupporter

最新の掲載雑誌 Windows Start 07

リブートする前に、リブート後の起動パーティションを指定するソフトです。既に1万ダウンロードを超えるベストヒットとなりました。単純なものですが、ニーズと期待がうかがい知れます。それとも機能を読み違えて、間違えてダウンロードする人が多いのか…!?

BootSupporterは、番号を指定するか指定せずにダイアログから選択することで、次回起動するパーティションを変更することが出来るフリーソフトです。加えて、OSの終了/再起動/ログオフ/シャットダウン/強制シャットダウンを行うことが出来ます。タイムアウト値の変更も出来るようになっています。

Boot.iniを書き換えることで実現していますが、バックアップも取るようになっているため、安心してご利用いただけると思います。Boot.iniを利用している関係上、対応OSはWindowsNT、Windows2000、WindowsXP、Windows2003となりますので、ご注意ください。Boot.iniファイルはOSにとって重要なファイルです。BootSupporterのご利用に当たっては、事前にPCの起動に関する仕組みについて知っておくと安心です。 最新版:Ver.1.2.0.0 をダウンロード VBソース:Ver.1.2.0.0 をダウンロード Vectorでの紹介ページを参照する ※ パスワードは下記のパスワードページよりご入手下さい。 BootSupporter パスワード (携帯専用ページは携帯端末からしか目的のページにアクセスできません)

Back to top

mp3 PartyPlayer

披露宴二次会用に作成したMP3プレイヤーです。グループごとの繰り返し再生や、フェードイン、フェードアウト、曲ごとの音量プリセットなど便利な機能が盛り込まれております。実際の音量については、やはり会場のアンプにつながないと何とも言えないので安心は出来ません。

"mp3 パーティープレイヤー"は、無段階スムーズ音量変更、mp3のグループ化とグループ内繰り返し再生、フェードイン、フェードアウト、グループ内曲目のリアルタイム変更、曲ごとのプリセット音量等に対応した披露宴・パーティー向きなmp3プレイヤーです。ご利用にはVBMP3.DLLが必要です。ただし、実際に利用してみるとPCの音量調節だけではカバーしきれない状況がありますので、ハードウェアのアンプ(アンプ内蔵スピーカなど)を利用して、いつでも手動で音量を上下できるようにしておくのがベストですよ!
※ 同梱のZIPファイル解凍にはパスワードが必要です。 mp3 PartyPlayer をダウンロード Vectorでの紹介ページを参照する ※ パスワードは下記のパスワードページよりご入手下さい。 mp3 PartyPlayer パスワード (携帯専用ページは携帯端末からしか目的のページにアクセスできません)

Back to top

SleepSupporter

通常、Sleepは1秒ごとの指定が出来る物が大半です。バッチファイルなどでも、ミリ秒単位の指定をしたいときがまれにあるため作成しました。簡単な物なので、誰でも作れるが誰かが作らねばといったたぐいの物です。

Windows等でバッチを作成する場合などに、次のコマンドを実行する前に何秒か処理を待機させたい場合が良くあります。リソースキットなどにも同じようなsleep.exeがありますが、基本的に1秒単位の指定しかできません。もっと細かく待機時間を指定する必要があって作りました。

usage: sleep time [mode]
time: time to sleep(0-10000)
mode: 0|1 = (sec)default|(msec)

といった具合に、秒単位でもミリ秒単位でも指定可能です。 JUSTSYSTEMのDr.Mouse起動タイトルを最小化させるバッチを作成した際に必要となりました。ちなみにそのバッチは以下の通り。

DRMOUSESC.lnk
SleepSupporter.exe 500 1
st.scf

st.scfの中身は以下のテキストファイル

[Shell]
Command=2
IconFile=explorer.exe,3
[Taskbar]
Command=ToggleDesktop

※ 同梱のZIPファイル解凍にはパスワードが必要です。 SleepSupporter をダウンロード Vectorでの紹介ページを参照する ※ パスワードは下記のパスワードページよりご入手下さい。 SleepSupporter パスワード (携帯専用ページは携帯端末からしか目的のページにアクセスできません)

Back to top

DelCache

無限にふくれあがるログファイルなどに対して、規定の条件の元で自動削除を行うツールです。例えば、容量が10Mになるまで、古い物からファイルを削除するといった指定が可能です。

目的
Winnyなどのキャッシュを大量に生成するアプリケーションや、ソフトウェアを利用している場合に、このキャッシュフォルダのシェープアップを自動化するものです。
機能
指定パスのドライブが指定サイズ以下になるまで、指定フォルダ配下のファイルを古い順に削除します。
削除対象ファイルを一覧表示して指定ファイルを変更したり、バッチ等から機能を全自動化して利用することができます。
今後の機能
次の機能を追加する予定です。
  • 引数無指定時でも動作を完遂できる設計にする。
    (iniファイルに設定)
  • 引数をローカルファイル、レジストリなどに保存する。
  • フォルダのサブフォルダまで再帰的に対象とするようにする。
  • ゴミ箱の利用を意識できるようにする。
  • 削除履歴をログとして出力できるようにする。
  • ファイル一覧表示でのソート処理。

※ 同梱のZIPファイル解凍にはパスワードが必要です。 最新版:Ver.1.2.0.0 をダウンロード VBソース:Ver.1.2.0.0 をダウンロード Vectorでの紹介ページを参照する ※ パスワードは下記のパスワードページよりご入手下さい。 SleepSupporter パスワード (携帯専用ページは携帯端末からしか目的のページにアクセスできません)

Back to top

フリースクリプト

暗号化ソフトED パスワード解析スクリプト

Type74 Softwareで公開されている暗号化ソフトED(フリーソフト)のパスワードを解析するためのスクリプトです。スクリプトを実行するには、別途うみうみ屋さんで公開されているuwscというスクリプト実行ソフトが必要となります。

解析は、ED(アプリケーション)のインターフェイスを介して実行されることもあり、次のようなビハインドがあります。貧弱なパスワードであれば解析できる可能性がありますが、強固なパスワードの場合は難しいと思います。

  • 実行速度が遅い。(最大分速30パスフレーズ程度)
  • 実行中はPCを占有する。(ターミナルサービスなど以外は、他の作業は出来ません)
  • 細かなパスフレーズの特徴指定は出来ません。
  • 非サポートです。また、原則としてスクリプトはスクランブルを掛けてあります。

暗号化ソフトED パスワード解析スクリプト をダウンロード ※ スクリプトのソースを紛失してしまい、uwsc作者にも復旧不可といわれているためメンテナンスは行えません。あしからず…。

Back to top

Webフォーム パスワード解析スクリプト

WebForm(ウェブフォーム)のテキストボックス+サブミットボタンで構成される認証ページ一般のパスワードを解析するためのスクリプトです。スクリプトを実行するには、別途うみうみ屋さんで公開されているuwscというスクリプト実行ソフトが必要となります。

一般的にウェブフォームでの認証時にはリトライ制限が掛けられていることが常識なので、このスクリプトでどこまで復旧の助けになるかはいささか疑問ですが、ご参考までということで…。利用方法は以下の通りです。
uwscの使い方は本家のページや回答されるヘルプなどを参考にしてください。

  1. 同梱の設定ファイル"config_bf_web.txt"を編集します。指定されていない場合などには、実行中にインプットダイアログが表示されます。
  2. "target_url"には、解析対象のページのURLを記入しておきます。
  3. "target_id"には、パスワード解析を試みるテキストボックスのIDを指定します。IDはあらかじめ当該ページのHTMLをテキストエディタなどで参照し、突き止めておきます。
  4. "ng_word"には、正しくないパスワードが入力された場合に表示されるページのキーワードを指定します。どんなキーワードを指定可能かは、同梱の"get_all_item.UWS"を失敗した後に表示されるページをIEで表示した状態で実行し、一覧表示されるキーワードを参照してください。
  5. "attack_words"には、パスワードを組み立てる際に使用するキャラクター群を羅列します。
  6. スクリプト本体を実行すると、自動的に解析が開始されパスワードと思われるキーワードが見つかった場合にはダイアログでお知らせします。

Webフォーム パスワード解析スクリプト をダウンロード

Back to top
 
コメント・フィードバック
ダウンロード
ストリーミング関連
Macintosh関連
Windows関連
メディアなど
 
ハードウェア
ソフトウェア/サービス/開発SDK
デジタル一眼レフカメラ
趣味関連
ゲーム 〜楽しいゲームの紹介や攻略法
RoverMNI(ローバーミニ) 
雑記
その他
Copyright (c)1998-2016 CNXGROUP All Rights Reserved.
このページの全部あるいは一部を無断で利用(コピー)することを禁じます。
>