MacのバックアップソフトEMC® Retrospect®a for Macの徹底紹介。デバイスエラーの回避方法。

ホーム / Mac

更新:07/05/10 | EMC® Retrospect® for Mac |Mac

EMC® Retrospect® for Mac

ユニバーサルバイナリ対応

最終的には、Retrospect®が最も有効なバックアップツールではないかと思われます。

EMC® Retrospect® for Mac

無料の試用版をダウンロード
バージョン6.1.126 以降のIntelMacに正式対応しています。

Macの世界では昔から有名なバックアップソフトのようですが、EMC®と言えばエンタープライズ向けのストレージベンダーで、NASやSANといったネットワーク直結型の超巨大なストレージ技術の方が有名なのではないでしょうか。

こちらは、他の製品と比べ倍近い価格がついているだけあって、機能も豊富で信頼性も高いようです。
例えば、バックアップ対象にテープを強く意識していたり、サーバー・クライアント構成で大規模なバックアップ環境を構築することも出来ます。

DVD-RWやDVD-Rはサポートされていなかった

実のところトライアル版も利用可能なようですが、筆者はよんどころなき理由によりダウンロード購入、そして衝撃的な事実を目の当たりにしました。

MacBookが標準搭載している、松下PanasonicのUJ-857に完全対応していないと思われるという事態です。 (USB外付けドライブLogitec FireWire&USB 2.0外付型DVDスーパーマルチ LDR-MA16FU2/WMにも対応していないことが判明したのです。 こちらはアクセスにもいっていない様子なので恐らく絶望的でしょう…。)
これは絶望的かと思われました…。

Retrospect Driver Update 6.1.5.102以降では (Apple OEM Panasonic/Matushita UJ-857)にも対応しているはずですが、対応リストにはまだ掲載されていないようです。 そこで、もっとも近いと思われるUJ-846について詳細を確認してみました。

Panasonic UJ-846 (Apple version)
メーカー: Panasonic
インタフェース: ATAPI
メディア: DVD DL
Macintosh
Support Status 互換
Minimum Product Required Desktop
Minimum Version Required 6.1
Minimum Driver Update 6.1.1.101
Minimum Firmware Version
Macintosh Public Notes:
  1. In the event of a power failure or computer crash during a backup, Retrospect may be able to restore the data previously written to that disc, but the user should never try to append to this disc.
  2. DVD+R, DVD+RW, and DVD+R DL media is supported with this drive and Retrospect. CD-R, CD-RW, DVD-R and DVD-RW media is not supported for use with Retrospect.
実際のサポートページはこちら

ここでついに重要な情報を目にすることになります。

"2."にある、"RetrospectはDVD+R, DVD+RW, DVD+R DLに対応するが、CD-R, CD-RW, DVD-R, DVD-RWには対応していない"という一文です。
つまり、もとよりDVD-RWやDVD-Rはサポートされていなかったというわけです。

結局、AFPでマウントしたサーバーボリュームに一時的にバックアップをおくこととしました。 25GBで検証を含めて6時間程度掛かりました。100Mbpsの同一セグメントで処理をした概ねのバックアップ速度です。

Retrospect®の最新アップデート(ドライバー)は、以下のサイトからダウンロード可能です。
http://www.emcinsignia.com/supportupdates/updates/

Retrospect®のサポート情報などは、以下のサイトで閲覧/検索することが出来ます。
http://kb.dantz.com/display/2n/index.asp?tab=browse&r=0.6144329

ダウンロードしたアップデータは、実行ファイルと同じフォルダにおいておくだけで自動認識します。 正常に読み込まれたかどうかを確認する場合は、操作ログを表示します。

他のバックアップアプリケーションと異なり、一つのファイルとして保存されるため、オーバーヘッドは最小化されます。 ただ、ファイルサイズ2GBの壁がどこかに潜んでいるのではないかと少し不安です。リストア時に顕在化する可能性はまだ残っています(Act2のサポートに連絡を取っていますが、未だ返信はないようです…)。

海外のフォーラムを確認したところ、DVD-Rでは失敗するがDVD+Rでは成功するといった情報を確認できました。 やはり、同じ壁にぶつかった人がいたようですね…。

Retrospect

最初に利用するときなどには、バックアップセットという形でバックアップ先の集合体情報を作成します。

Retrospect

デバイスの準備を行うには、空のディスクが必要です。
RW系のメディアの場合、内容のクリアから始まります。
これが結構時間を食います。

Retrospect

次に書き込み方式のチェックが始まりますが、正常に動作しないと消去に戻って3回くらいこれを繰り返し、そのあげくにエラー終了します。
…これ如何に…。

Retrospectで設定エラー

この設定をクリアしないと、同メディアはRetrospectで「互換性がありません」と表示されて使用することが出来ないのです。
"CD-RやDVD+Rで"という文章の中に、ちょっとした複線があったのですね…。

Back to Top

それでも失敗するバックアップ

DVD+Rメディアにしてやっと始まったバックアップ処理ですが、フルバックアップを実施した場合直接DVD+Rメディアへのバックアップを実施しても失敗します。原因は不明ですが、現状はネットワークドライブなどへのバックアップなどで我慢するほかなさそうです。

しかしネットワークドライブにバックアップできても今度はリストアに失敗、しかもリストアに失敗した後はMacOSの起動もしなくなるため、OSの再インストールが必要となります。

14,000円あまりもするプロダクトでこの体たらくは相当ショッキングな事実です……。

Retrospect

特定のフォルダをダイレクトにDVD+Rへバックアップすることは可能。
…これだけの機能のために14,000円を払う価値はあるのだろうか。

 
コメント・フィードバック
ダウンロード
ストリーミング関連
Macintosh関連
Windows関連
メディアなど
 
ハードウェア
ソフトウェア/サービス/開発SDK
デジタル一眼レフカメラ
趣味関連
ゲーム 〜楽しいゲームの紹介や攻略法
RoverMNI(ローバーミニ) 
雑記
その他
Copyright (c)1998-2016 CNXGROUP All Rights Reserved.
このページの全部あるいは一部を無断で利用(コピー)することを禁じます。
>