Mac、WindowsでRuby On Railsをインストール、サービス構築するまでの詳細情報を紹介します。

ホーム / Ruby On Rails Model

更新:11/10/05 | Ruby On Rails スタート編 | Ruby On Rails

早速、Ruby On Railsを使ったウェブアプリケーションの作成に取りかかりましょう。

モデルの設計

ここでは、サンプルアプリケーションとして構成員の任意のスキルを一覧にして管理するskillmapperというアプリケーションを作成していきます。
このアプリケーションでは、次の機能を実装します。
・構成員の登録・編集・削除・一覧表示
・スキルの登録・編集・削除・一覧表示
・構成員とスキルを結びつけて数値で表現されるスキルポイントを登録
・構成員とスキルポイントの一覧表を表示

プロジェクトを作成します

skillmapperという名前のプロジェクトを作成します。

Eclipseの右上にあるOpenPerspectiveをクリックし、Railsのボタンを表示させるよう指定します。
画面右上に表示されたRailsのボタンをクリックすると、左側のエクスプローラーがRails用に変更されます。
右側のペインで[右クリック]→[新規(New)]→[プロジェクト(Project)]を選択します。
表示されたダイアログにて、[Rails]フォルダの[Rails Project]を選択します。
プロジェクト名に「skillmapper」として[Finish]をクリックすると、自動的に必要なフォルダ構成が生成されます。

プロジェクト作成準備

一般的なウェブアプリケーションでは、DBに情報を格納することがほとんどです。
skillmapper\config\database.yml
をダブルクリックして開くと、当該プロジェクトが接続する先のDB情報を参照できます。
プロジェクトを作成した時点で、接続するDBの初期値が指定されています。

development:
adapter: mysql
database: skillmapper_development
username: root
password:
host: localhost

といったイメージです。
開いたファイルはタブで整理されて簡単に切り替えられますが、
・タブをダブルクリックすると、全画面モードで表示できます。
・Ctrl+Wで、開かれているタブを閉じることができます。

DBの器だけはDBMSの管理ツールなどから作成しておく必要があります。

sampleというプロジェクト用のDBは以下のように命名する必要があります。

* 開発用:skillmapper_development
* テスト用:skillmapper_test
* 本番用:skillmapper_production

InstantRailsを利用している場合は、
http://localhost/mysql/

にアクセスして、3つのDBを新たに作成します。
最初はskillmapper_developmentに対して接続を要するのみなので、skillmapper_developmentだけ作成するのみでも問題ありません。

Locomotiveを利用している場合は、
SQL Explolerから、
create database skillmapper_development;
などとして、走る人のアイコンをクリックします。
この時、リフレッシュをしてもskillmapper_developmentがエクスプローラに表示されない場合がありますが、その場合はDBへの接続をし直すことで解消できます。

 

 

 
コメント・フィードバック
ダウンロード
ストリーミング関連
Macintosh関連
Windows関連
メディアなど
 
ハードウェア
ソフトウェア/サービス/開発SDK
デジタル一眼レフカメラ
趣味関連
ゲーム 〜楽しいゲームの紹介や攻略法
RoverMNI(ローバーミニ) 
雑記
その他
Copyright (c)1998-2016 CNXGROUP All Rights Reserved.
このページの全部あるいは一部を無断で利用(コピー)することを禁じます。
>