MacのバックアップソフトiGeek DesktopBackup Indelibleインデリブルの徹底紹介。DVDへのバックアップに隠された罠。

ホーム / Mac

更新:07/05/10 | iGeek Indelible(インデリブル) |Mac

iGeek Desktop Backup(Indelible:インデリブル)

ユニバーサルバイナリ対応

無料の試用版をダウンロード

ユニバーサルバイナリ化され、必要最低限の機能が備わっており操作は簡単です。バックアップ元、バックアップ先を指定して実行するだけです。

一見してDVDへのバックアップにも対応しているのですが、実は大きな落とし穴があります。それは、DVDへのバックアップがAppleのDVD焼き込み技術に依存しているという点です。

Macは、DVD書き込みソフトが無くても、OSがあたかも普通にマウントされたドライブであるかのように見せてくれる技術があるのです。 この状態で、バックアップ先をマウントされたDVDにすれば、確かにDVDへの焼き込みは可能ですが、問題はその容量が4.7(メディアの容量)を超えると書き込みできないという点です。

Macは、容量オーバーしたデータを、自動的に複数のメディアに分けて保存するような機能を持っていないということです。 これでは昨今の大容量HDDをフルバックアップすることは不可能と言えます。

iGeeg DesktopBackup Indelible/インデリブル

DVD-RWなどを挿入するとこのようなダイアログが表示されるので、「Finderを開く」を選択する。

iGeeg DesktopBackup Indelible/インデリブル

すると、このようにファイルのコピーなどが可能な仮想ドライブとしてマウントされる。

iGeeg DesktopBackup Indelible/インデリブル

「デフォルトの宛先を設定」に、光学式ドライブのメディアを指定しておかないとエラーになる…。

iGeeg DesktopBackup Indelible/インデリブル iGeeg DesktopBackup Indelible/インデリブル

後はスタートするだけ。
しかし、媒体の最大容量を超えて保存しようとすると結局はエラーとなる…。

Back to Top
 
コメント・フィードバック
ダウンロード
ストリーミング関連
Macintosh関連
Windows関連
メディアなど
 
ハードウェア
ソフトウェア/サービス/開発SDK
デジタル一眼レフカメラ
趣味関連
ゲーム 〜楽しいゲームの紹介や攻略法
RoverMNI(ローバーミニ) 
雑記
その他
Copyright (c)1998-2016 CNXGROUP All Rights Reserved.
このページの全部あるいは一部を無断で利用(コピー)することを禁じます。
>