NECのB5ノートパソコンLavieJ トラブルシューティング | メモリの追加

ホーム / Hardware

更新:07/05/22 | LavieJ メモリの追加 | Hardware

ノーブランドメモリの追加

HDDの調子が悪い一因にもなっているのが、やはりメモリの少なさです。

標準では256MB搭載しているのでそれなりに動きはするものの、複数のアプリケーションを同時に起動したりするとあっという間にスワップを開始します。
どの程度のメモリが使われているかはタスクマネージャで確認することが出来ます。

タスクマネージャ

これはXPの例ですが、コミットチャージと物理メモリの合計に注目します。

物理メモリの合計が、スワッピングせずに利用できるメモリの量です。
コミットチャージの合計は、必要とされているメモリ量です。
従って、コミットチャージの合計 < 物理メモリの合計となっている状態が健全な状態です。

逆に物理メモリの合計 < コミットチャージの合計となっている場合は、メモリを追加することで大幅に快適になる可能性があります。
そうと決まれば、早速 安いメモリを買いましょう。

Lavieは512MBか256MBを追加できます。当然、512MBを追加しないと意味がありません。対応しているメモリのタイプは、 144PIN SO DIMM PC133 512MBです。

純正品は信頼性という意味では確かに高いのでしょうが、値段も高くなってしまいます。純正品でなくても、規格があっていれば基本的に実装可能なので心配ありません。

安いところでは、12,800円程度で送料無料といった所です。(05/05/11現在)
私の場合、ノーブランド品を11,500円で入手しました。秋葉原好きな人は、掘り出し物を求めて徘徊するのも良いかもしれません。

楽天で規格の合う最新の商品一覧を見る
Back to top

LavieJ トラブル対策紹介

Back to top
 
コメント・フィードバック
ダウンロード
ストリーミング関連
Macintosh関連
Windows関連
メディアなど
 
ハードウェア
ソフトウェア/サービス/開発SDK
デジタル一眼レフカメラ
趣味関連
ゲーム 〜楽しいゲームの紹介や攻略法
RoverMNI(ローバーミニ) 
雑記
その他
Copyright (c)1998-2016 CNXGROUP All Rights Reserved.
このページの全部あるいは一部を無断で利用(コピー)することを禁じます。
>