そもそもiPhon4の意味とは? iPhone3GSユーザーにとっての魅力について検証します。

ホーム / Hardware / iPhone+iTUnes

更新:10/06/20 | iPhone4 | iPone4

iPhone4の魅力とスペック

iPhone4を勇んで予約したのは良いものの、メリットもデメリットも余り考えずに予約していたことに気付きました。iPhone3GからiPhone3GSに機種変したときには次のポイントが大きな原動力となりました。

それでは、3GSユーザーがiPhone4に機種変するメリットとは何なのでしょうか。

iPhone4のスペック

特にiPhone3GSから進化したポイントについてまとめました。いわゆるiPhone4とiPhon3GSの比較情報という所です。

ハードウェアスペック

  1. 外観について、両面ガラスベースとなり高級感が増した。フロント面のぱっと見は余り変わっていないように見える。側面がステンレスとなり高級感がある。
  2. 12.3mmから9.3mmへとiPhone3GSよりも薄くなった。
  3. 600MHz, Cortex-A8から、AppleのA4プロセッサ1GHz搭載に変更され高速演算。
  4. メモリが256MBから512MBに倍増。
  5. 両面にカメラが配置され、FaceTimeアプリケーションでビデオ電話が可能。
  6. 480×320から960x640に進化した解像度。倍の解像度になっています。
  7. iPhone3GSのVGAから720pのHDビデオ撮影が可能に。ただし、フロントカメラはVGA。
  8. カメラの解像度が300万画素から500万画素になった。
  9. LEDフラッシュが付いた。
  10. マイクにノイズキャンセルが付き、デュアルマイクに進化。
  11. Wi-Fiが802.11nに対応。
  12. 3軸ジャイロスコープを搭載。
  13. バッテリー駆動時間が全般的に改善。インターネットアクセスを3G回線で行った場合、iPhone3GSの5時間から、6時間へと20%パフォーマンスアップしています。

ソフトウェア

  1. iOS4を搭載し、マルチタスクが可能に。

ソフトウェアの詳細はiOS4SDKのコーナーでご紹介しています。

Apple本家の比較表はこちら
http://www.apple.com/jp/iphone/compare-iphones/
です。

メリット

まず、個人的には外観に魅力を感じます。抽象論ではなく、その薄さです。個人的に手ぶらで出勤、手ぶらで帰省、手ぶらでお買い物派の私は携帯電話も常にズボンのポケットに突っ込んでいるため1mmでも薄くなることは非常に重要なのです。

次にHDビデオです。私はカメラやビデオには比較的こだわっている方で一眼レフのデジタルカメラ、レンズ交換式の小型デジタルカメラ、普通のデジタルカメラ、SONYのフルHDビデオカメラなどを使っています。
これらのアイテムにとって、最も重要なのは実は携帯性であることを私は長年の経験から痛感しているのです。どんなに画質が良くても大きかったり、重かったりしたら持ち歩かないのです。フルHDではないにしても720p解像度のビデオを録画できるようになることは非常に魅力なのです。

カメラも同様に重要です。
カメラという観点では、ビデオ電話が可能になったことが最大のメリットとなります。今まで、海外出張にコンピューターを持って行く目的は殆どがビデオ電話のためでした。ホテルのインターネット環境を使って家族と話しをするためだけにノートPCを以て、税関を通り抜けて、カバンを背負って飛行機に乗っていたわけです。
これが不要になることのメリットははかり知れません。

開発に利用できます。iPhoneアプリケーションの開発に実機があって不便なことはありません。iPhone4でどのように表示され、どのような速度で処理されるのかは非常に大きなチェックポイントです。

デメリット(魅力には感じられない側面)

メリットがあればデメリットもあります。
見方を変えればメリットがデメリットだったりもします。そんな見方も書き加えておきます。

ガラスが割れやすい。落下テストで簡単に割れたという報告もあります。iPhone発売時もそんな話しが多く出回りましたが、今回の真相が気になるところです。

ビデオやカメラが高機能化したことで、保存容量が足りなくなる。ビデオ録画は多くの領域を必要とします。32GBでは頻繁にPC, Macにデータ転送をしなくてはならなくなるでしょう。

カメラが両面に付いたことで、隠し撮りされているのでは? と思われるシチュエーションが増えるかも知れません。少なくともカメラのレンズを人に向けることを気にする質なので、どこまで影響が出るのか分かりませんが少し不便でもあります。

ストラップが利用できなくなる。
Podditiesの秀逸なストラップをAmazonで一覧する

愛用しているpodditiesのストラップが利用できなくなってしまいます。
iPhone4にも同様のねじ穴があるため、iPhone4用のストラップが期待されますが、また買い直さなければなりません。

iOS4のソフトウェア的な機能は魅力にはカウントできません。iPhone3GSでも教授できる内容ですし、開発者であるため既にこれを利用できているからです。

以上

トピック一覧

iPhone5購入の道

iPhone4購入の道

iPhone4は買いか?

iPhone 3Gは買いか?

iPhone SDKを使った開発

iPhoneの周辺アイテム

MobileMeでさらなるiPhoneライフを

 

 
コメント・フィードバック
ダウンロード
ストリーミング関連
Macintosh関連
Windows関連
メディアなど
 
ハードウェア
ソフトウェア/サービス/開発SDK
デジタル一眼レフカメラ
趣味関連
ゲーム 〜楽しいゲームの紹介や攻略法
RoverMNI(ローバーミニ) 
雑記
その他
Copyright (c)1998-2016 CNXGROUP All Rights Reserved.
このページの全部あるいは一部を無断で利用(コピー)することを禁じます。
>